地上デジタル放送用1セグメント部分受信OFDM復調システムLSIの量産サンプルの出荷を開始!

マグナデザインネットは、メガチップスと共同開発した地上デジタル放送用の1セグメント部分受信OFDM復調システムLSI(大規模集積回路)の量産サンプルの出荷を開始したことを発表した。

本システムLSIは、同社が2002年11月に発表したA5サイズのシステムボードをLSI化したもので、爪よりも小さいパッケージ外形(8mm×8mm、BGA)にLSIチップを搭載したものである。

地上デジタル放送の1セグメント部分受信技術の実用化に向けて、システムボードでの受信実験を通して独自の復調アルゴリズムの性能改善を図り、市街地や高速道路での高速移動などの悪電波状況下でも鮮明なテレビ映像が受信できるシステムLSIを実現した。

また、超低消費電力化を図ったことで、携帯電話や携帯情報端末(PDA)及び携帯TVなどへの搭載が可能となり、
歩行時、電車及び自動車等で移動しながらでも良質な画質・音質でテレビ鑑賞ができるようになる。

業界筋の見通しでは、2005~2006年には地上デジタルTV受信機能を携帯電話に搭載する動きがあり、
爆発的な需要が期待できる。

なお、地上デジタル放送は、2003年12月1日から東京、名古屋、大阪地区で放送開始が予定されている。

 

本システムLSIの概要

  • 地上デジタル放送仕様ISDB-T準拠、1セグメント部分受信OFDM復調
  • 0.13µm CMOSプロセス
  • 電源電圧:1.2±0.1V(内部)/2.85±0.15V(I/O、アナログ)
  • パッケージ:113ピン、BGA(0.65mmピッチ、0.9mm厚、8.0mm角)
  • ADC及びDACは内蔵
  • 消費電力は約30mW以下(実測値)

なお、本システムLSIの量産サンプル配布開始は、2003年11月からメガチップスより主に行われている。
また、両者で共同開発を進めている地上デジタル放送用13セグメント全受信OFDM復調システムLSI(ハイビジョン対応)を市場投入していく計画である。
これらの製品シリーズは、地上デジタル放送の多様なサービスの普及に貢献することができる。

 

プレスリリース発信元

株式会社マグナデザインネット
〒901-0152 沖縄県那覇市字小禄1831-1 3F TEL/FAX:098-857-5551
公式ホームページ:http://MagnaDesignNet.com/
代表取締役社長 松尾龍一

 

問い合わせ窓口

株式会社マグナデザインネット(TEL/FAX:098-857-5551):和宇慶 康

 

語句説明

OFDM
Orthogonal Frequence Division Multiplex
ISDB-T
Integrated Service Digital Broadcasting Terrestrial
BGA
Ball Grid Array
PDA
Personal Digital Assistant

関連ホームページ

株式会社マグナデザインネット:http://MagnaDesignNet.com/
株式会社メガチップス:http://www.megachips.co.jp/

 

MA50153外観BGAパッケージ外形(左)
比較のMicroSDカード(右)
拡大画像