4G LTE/5G移動体通信と、デジタル放送技術を提供する技術志向の企業

製品情報

受託開発の実績事例の一部をご紹介します

slide
slide

事例(OFDM水中音響通信方式の研究開発)

琉球大学様・沖縄工業高等専門学校様と共同で、水中通信システムの研究開発を進めています。
弊社はZynq FPGA搭載ボードの変調・復調回路設計を担当しました。

概要

無線LANや地上デジタル放送で用いられている、OFDM変調方式を用いた超音波海中双方向通信システムです。
基地局を中心として、100m程度の小規模無線通信エリアを構築します。
通信方式は、時分割多重(TDD)です。
船上の基地局を上下動させて、通信装置の基本動作と同期耐性を評価しました。

現在は、基地局から海中ロボットへの制御指示や、海中ロボットが撮影した画像データを伝送するシステムの実装を進めています。ここで弊社は、FEC回路の設計や、RTOS上での通信フレーム/UDP相互変換処理、通信状況解析向けのデバッグツールの開発を担当しています。

超音波OFDM・時分割双方向通信による海中での無線通信エリアの構築

超音波OFDM・時分割双方向通信による海中での無線通信エリアの構築

16QAMコンスタレーション、TDD動作波形

16QAMコンスタレーション、TDD動作波形

詳しくはお問い合わせください。
製品や、開発についてなど、お気軽に下記連絡先よりお問い合わせください。
ご相談やお見積りのご依頼も受け付けております。
お電話でのお問い合わせ
WEBからのお問い合わせ